医師から受ける薬剤処方によるED治療

最速30分で作用するバイアグラ

EDは、勃起障害、勃起不全のことで、専門医の診察を受けることで症状がEDであるかが判断されます。
病院に行く場合には、泌尿器科、内科、形成外科で診察を受けることができます。
診察の結果、EDであると判断され、薬を服用しても差し支えないと確認された場合には、その場で薬を処方される場合もあります。
病院での診察の流れとしては、まず通常は問診と簡単な健康チェックを行います。
ED治療薬の服用に問題がないかどうかを調べるために行われます。
心因性EDの場合には問題なく基本的に処方されます。
心因性EDというのは、身体には問題がなく、ストレスなどが主な原因で起こることをさします。
一方、身体の血管や神経、内分泌など、身体に問題があるために起こるEDは、器因性と呼ばれています。
原因を詳しく調べることで、治療方針が異なってくるため、心因性か、器質性かを調べるのは大切なポイントです。
一般的には心因性が原因となっている場合が多数あり、ED治療薬の服用で改善される場合が多くありまします。
心因性と、器質性の要因が混ざっている混合型という場合もあります。
この場合にも、治療略は一定の効果が期待できます。
診察は、看護師は立ち会わず、医師一人が対応します。
勃起の状態や、朝立ちの有無、高血圧、糖尿病等の身体疾患の有無、身体的の疲労度、飲酒、喫煙、使用薬剤などを話します。
直近の健康診断の結果を持参すると診察時間の短縮になります。
服用している薬がニトログリセリンなど、硝酸薬を使用している場合や、半年以内に脳梗塞、心筋梗塞、脳出血を起こした場合や、重度の高血圧、低血圧、肝硬変の場合には処方されませんので、服用している薬があれば必ず伝えるようにしましょう。
医師が薬の服用が可能と判断した場合に、処方される薬は、バイアグラ、シリアス、レビトラなどがあります。
ジェネリック薬もあります。
バイアグラはED治療薬として世界で初めて製品化された薬でシルデナフィルクエン酸塩が有効成分として含まれています。
作用時間は最低5時間程度、服用のタイミングは性行為一時間前が基本で、空腹時は30分程度で作用します。

最速30分で作用するバイアグラ水に溶けない?食事の影響は受けにくい医師から処方してもらう